私たちについて

横浜市立間門小学校付属海水水族館の生き物をとおして、
子供達に命の尊さを教えたい!

我が母校、間門小学校には昭和38年まで遠浅で美しい海岸が隣接し、子供達は自然の中で潮干狩りや海水浴、そして魚を捕まえることができました。

今は埋め立てにより面影はなくなりましたが、その名残として全国の小学校で唯一の本格的海水水族館を併設し、博物館協会に所属しています。

平成7年にこの水族館で見るだけではなく、子供達にもっと海の生物を知ってもらい、 親しんでもらえるようにと「タッチングプール」を有志によって企画しました。

文字どおり、アナゴやヒトデ・ナマコその他海の生物にじかに触れることのできるもので、子供達は大歓声の中大喜びでした。これをきっかけに、PTAや地域の方々の協力で、平成7年に『アクアミューズフレンドリークラブ』を設立しました。

増築スペースに設置された、当クラブ贈呈の熱帯性海水魚水槽と天然記念物ミヤコタナゴ水槽2台
横浜市立間門小学校付属海水水族館

Comments are closed.